地震を心配するなら2×4工法がおすすめ

最近は新築を建てる際に耐震構造を気にする人がますます多くなっています。これは東日本大震災の影響もありますが、今世紀に予想されている関東大震災もその理由の一つです。より長く利用できる物件に対する需要が高まっていることも耐震構造を気にする人が増えている理由でしょう。いずれにしても地震を気にするならば、やはり工法にも気をつけないといけません。

例えば、在来工法や2×4工法など色々な選択肢があります。特に2×4工法は地震に強いので活用してみてください。耐震診断時にも良い診断結果が下りやすいですし、地震保険にも有利に加入できます。これには色々と理由が考えられますが、2×4工法は横揺れ・縦揺れに強い構造をしていることが大きいでしょう。

逆に日本古来の伝統住宅等はやはり地震にも弱くなっています。2×4工法であれば多層構造にしてもそこまで耐震等級に影響を与えません。海外でもこうした2×4工法が注目されていますから、是非とも日本で人気の2×4工法を取り入れて、より災害に強い物件にしてみて下さい。もちろん、災害に強い物件は転売時などにも高く売れる傾向にあります。

とはいえ、2×4工法は個性がないと考えている人もいるのではないでしょうか。確かに2×4工法の物件はどれも見た目が同じになりがちです。そのため、ベランダをつける、奇抜なカラーリングにするといったように色々と工夫してみることをおすすめします。内装にこだわってみるのも良いでしょう。2×4工法の物件を魅力的に出来るかは個人個人の工夫次第でもあります。

建売住宅の購入前には耐震診断なども欠かさずにしておいてください。これによって本当の強度が確認できます。2×4工法を用いている物件でも中にはニセツーバイフォーもありますから、本当の耐震構造を知りたいならばやはり診断をすることが必要です。

土地選びもかなり大事な要素になってきます。建売住宅の土地も多様であり、格安な物件は岩盤が柔らかな土地であることもしばしば。こうした地震に弱い土地だと、いくら工法に気をつけても仕方ありません。そのほか災害にも色々ありますが、洪水などにも気をつけなければいけません。
だからこそ災害に強い物件を探す際には、じっくりと色々な項目からみておくことが大事になってきます。こうした情報はハウスメーカーの人が全て教えてくれるとも限りませんから、自分である程度調べることも必要でしょう。その地域の過去の災害事例なども確認しておいてください。

おすすめ記事